人間はそれほど単純ではない。…

人間はそれほど単純ではない。
もう少し複雑だ。
理由というのは、
だいたい一つではない。
細かい要因が重なっている。

(常識にとらわれない100の講義、森博嗣)

これだ、
と思えるような理由を
人はいつも探している。

問題を解決したい、
という気持ちに似ているが、
ちょっと違うだろう。

そういうことなんだと、
自分に納得させるために、
あるいは思い込ませるために、
わかる形にまとめたり、
見つけたいだけなのだ。

そういう方法で、
解決にたどりつける場合もあれば、
逆に、遠ざかってしまう場合もある。

メディアは、基本的に、
人々が飛びつきやすい形にして
答えを見せてくれる。

一昨日の、小保方さん、
STAP細胞の話が、いい例だ。

分かりやすい報道はありがたい。
しかし、分からないままのことだって、
きっと、あるはずなのだ。

(参考)常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

No.7243


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です