人間ってのは見慣れないものは…

人間ってのは見慣れないものは
無条件におっかないもんさ。

(営繕かるかや怪異譚、小野不由美)

怖いものはないということは、
おそらく、すべてが
想定内のこと(もの)であるか、

口先だけで言っていることか、
そのいずれかだろうと思う。

ふと考えた。

すべてが想定内だ、
と認識できる人っていうのは、

逆にいえば、今までは、
想定外の経験をかなり積んできている
ってことなんでしょう。

それが本当なら、
シンプルにすごいなーと思う。

もちろん、口先だけで、
そんな経験をしてきた振りをする人は、
そのうち墓穴を掘るだろうから、
放っておけばよい。

「口先」が災いして、
想定外の経験を積んで
成長することもあるだろうし。

ただ、人は何歳になっても、
何かしら怖いものだと思う。

だからこそ、まだまだ
経験するべきことがあるのだ。

(参考)営繕かるかや怪異譚(小野不由美)

No.7563


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です