借りているもの

今日のいい言葉,いい言葉

人の命は、
神から借りているものだという。
死ぬときに、それを返却する。
けれども、生きている間に
少しずつ返すというのは、
実際の人生をよく映していると感じた。

命というのは、
あるかないかだけのものではない。
ランプのように、
明るく燈っているときもあれば、
か弱く消えそうなときもあるだろう。
ランプのオイルが人の寿命だとするなら、
死に向かって減り続けるかわりに、
炎や煙になって天に昇っていくのではないか。
燃えることで、
少しずつ命を削っているのだけれど、
それは高く昇るための変換ともいえる。

(イデアの影、森博嗣)

借り物だから、
てきとうに扱うという人がいれば、
借り物だからこそ、
ていねいに扱うという考え方もある。

命、人生も
授かりもの、預かりものと考えれば、
何か違って見えてくることもあるべな。


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です