上機嫌

なるほど、上機嫌でいるというのは、楽しいことを期待するのではなく、起こることを楽しむと決めるということなのかもな

(運転者、喜多川泰)

楽しいことが起こらない人生は、
たしかに疲れるるかもしれない。

けれども、いつも、
楽しいことが起こると思い続ける人生も、
きっと疲れる。

起きた出来事をどう楽しむか、
あるいは、どうやり過ごすか、消化するか、
そこだけ集中出来たら、ちょっと気楽。


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です