最悪

起こった直後は「最悪」と思っても、時間が経って考えてみると「むしろよかったんじゃないか」って思えることばかりですからね、人生なんて。

(運転者、喜多川泰)

最悪なんてことは、
最後の最後まで、たぶん判断できない。

その最後と思える瞬間でさえも、
本当に最後か、ってことになる。

映画が完結したように思えても、
たまに、続編が出てくるように、
物語も、人生も、いつも続いている。


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です