好き嫌いっていうのは、信用していない…

好き嫌いっていうのは、
信用していないです。

やっていたら、
好きになるんじゃないですか。

(個人的ユニクロ主義、柳井社長×糸井重里)

私は電気工学系の卒業だが、
学生時代は、「コンピュータ」が嫌いだった。

でも、そこの入学試験の面接で答えたことには、
自分でも笑ってしまう。
「これからは、コンピュータの時代だと
 思うので、電気工学を選択しました。」って。

それなのに、その数年後、
コンピュータを学び始めて、
間もなく嫌いになっている。

その当時は、
オシャレなMacとか、
Windowsはなかったし。

RUNとか、LISTとか、PRINTとか、
英文に似た命令を打つのがメインだった。

それが、今は、好き嫌いは別にして、
毎日付き合っている仕事仲間なのが、
コンピュータというか、パソコン。
これなしでは、仕事にならない。
テレワークなんか、できない。

付き合っているうちに、
好きになっていた感じ。

だから、普段、出会うものでも、人でも、
それに対して好きだな、嫌いだな、
という感情は認めたとしても、
後々までずっとそうだ、
とは限らない。

自分達の好き嫌い感覚って、
その程度なんだ、と思って
付き合った方がいいわけだ。


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です