人生の12月に6月のばらを咲かせることができるよう…

神は、人生の12月に
6月のばらを咲かせることができるよう、
思い出を与えられた。

(ジェームズ・バリー、スコットランド詩人)

「あの頃は、よかった」と
思い出にすがることだけは、
私自身、好きではない。

でも、あの時頑張れたから、
あの時こんな雰囲気を作れたから、
今も出来るはずと、
あきらめかけた心を
励ますために「思い出」があるなら、
大賛成だ。

人生が冬でも、
思い出を頼りに力を取り戻せるなら、
夏の暑さを再現出来るでしょう。

私は、この詩を初めて読んだ時、
「思いを与えられた」と誤読した。

そっかぁ、「思い」だけで、
人生は変わるよな、と思った。
そういう理解も悪くない。

もし、いい「思い出」がない人は、
新しく、それを創るために、
「思い」を変えていきたいもの…

いずれにしろ、与えられたチャンスだから。

【参考】
奇跡の人(真保裕一)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です