しかし何度も見ていると…

悪はあまりにも恐ろしい姿をした怪物なので、
見ただけで人はそれを憎む。

しかし何度も見ていると次第に慣れて、
最初は我慢し、次に哀れみ、
ついには受け入れてしまうのだ。

(アレグザンダー・ホープ)

良いことであれ、
悪いことであれ、
見慣れると、
感動も、嫌悪感も忘れてしまう。

ここでいう悪は、
自分の携わる行いの悪だと思う。
悪人のことを言っているのではない。

最初は、やりたくないな、
という気持ちで始まるが、
その場所で迷っているうちに、
やはり、見慣れてしまうんだろう。

そして、1回だけ、
という自分への言い訳で、
状況は少し変わり、
あとは、ずるずると、
安全な場所から程遠いところへ
自分を連れて行ってしまう羽目になる。

いざ、やりたいことを精一杯やりたい時、
あるいは、いいことを話したい時、
私たちは、いい状態にいる必要がある。

その時のためにも、
良くないものに慣れるということは、
避けていたいもの…

「みんながやっていたから…」
という言葉で、何人の政治家や有名人が、
これから、という時に姿を消していっただろうか。

【参考】
ゲーテ格言集(ゲーテ)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です