最も小さな者でも、世界の未来を変えられる。

最も小さな者でも、
世界の未来を変えられる。

(英語)
Even the smallest person
can change the course of the future.

(映画「ロード・オブ・ザ・リング」)

いい言葉をたくさん見つけてくると、
「志を強く持つ者は」とか、
「目標に向かって進む者は」とか、
っていう表現がよく出てくる。

しかし、今日のこれは、
「最も小さな者」。

世界を変えようなんて、
大それた希望を持つ人は、
あまりいないかもしれないけれど、

自分を「たいしたことない」と
思っている人間でも、
そのために生かされていると分かれば、
次の瞬間から、
行動が変わるんじゃないだろうか。

それが、実際に出来るかどうか、
その変えられる範囲がどの程度なのか、
かなりの違いはあるかもしれないけれど、

ささやかだけど、
自分が変わるため、

誰の記憶にも残らないけど、
いくらか世界に役立つために、
生きていきたいものです。

間違いなく、
みんな、そのために生かされていると
思うから…

逆に、こんな言葉もある。

「すると、王(神)は答えて言うであろう、
 『あなたがたによく言っておく。
 私の兄弟であるこれらの
 最も小さい者のひとりにしたのは、
 すなわち、わたしにしたのである。』」
(新約聖書マタイ25:40)

たいしたことがないと思える人を助けることは、
神様を助けること、らしい。

地位や名誉を狙う人々は、
偉い人ばかりに会いたがり、
力を尽くすであろうが…

小さい者にこそ、いろんな可能性がある。
それを、心に銘じておきたいものです。
そのいい例が、子供でしょう…

今日は、日曜日。
身近の「小さい者」を見てみましょう。

【参考】
生命のバカ力(村上和雄)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です