凡人には、けっして自分がほんとうにやりたい仕事をする勇気などない。

天才になるためには、
ただ自分の仕事を愛すればいいのだ。
それが人生における真の天才というものじゃよ。

凡人には、けっして
自分がほんとうにやりたい仕事をする勇気などない。
ただ他人に何か言われるのを恐れ、
生活の安定を失うことを恐れるだけなのじゃ。

(成功の掟、マーク・フィッシャー)

今日の言葉は、ちょっと厳しめです。

「何か言われること」と
「生活の安定を失うこと」
を恐れる、普通のことだと思います。

しかし、その恐れって、
時代が変わってくると、
幻影だったと気づかされる時があります。

安定に寄りかかっていたと思ったら、
本当は、このうえなく、不安定なものだったと…

恐れていたけど、本当は、
アリのようにたいしたことのない存在で、
もっと恐れるべき対象は、他にあったと…

ただ、「勇気がなかっただけだ」と言われたら、
素直にはうなずけない自分がいます。
それなりに、小さい冒険に
チャレンジしてきたつもりだから。

厳しい言葉だけど、
自分が持てない勇気、
自分が持ってしまっている恐れ、
それが何なのか教えてくれるヒントに
なった言葉でした、私にとって。

「自分は、凡人でけっこう」なんて開き直らず、
小さな勇気から前進してみましょ。

【参考】
働くことがイヤな人のための本(中島義道)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です