そう言って非難すれば、君の気は済むだろうが…

そう言って非難すれば、
君の気は済むだろうが、
彼の助けにはならん。
彼を助けるのに必要なのは、
弁護士の捨てゼリフじゃない。奇跡だ。

(映画「34丁目の奇跡、1994年)

映画では、常識や先入観にしばられた判事を
目の前に、弁護士が非難の言葉を発します。
その時、判事は、この言葉を返すのです。

スカッとするような言葉を
言い放ってやりたいと思うシーンは、
何度もあります。

テレビの討論なんかを見ていても、
そんなセリフを言ってくれる人がいます。
スカっとして気は済みますが、
確かに、事態は何も変わっていません。

目的は、事態を好転させることのはずなのに、
なぜか、自分の気が済む捨てゼリフを言うこと、
目立つことに置き換わってしまっている場合が
多いのです。

私も、そんなことを目指している自分に
気づいたりすることがあります。
むしゃくしゃした時に、
「う??ん、言ってやりたい。」
って感情に占領されかけるのです。

しかし、それで、相手が変わるのは、
めったにないこと。
相手がよほど謙遜であれば、
そのセリフが効果をなすこともあるでしょうが、
期待は出来ない場合がほとんど…

捨てゼリフを考える暇があったら、
「奇跡」とも言える方策を考えましょう。
私も、みなさんも、政治家も…

【参考】
成功哲学(ナポレオン・ヒル)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です