数日のために植えるなら花を植えよ…

数日のために植えるなら花を植えよ、
数年のために植えるなら木を植えよ、
永遠のために植えるならアイディアを植えよ。

(人生はすばらしいものだ、オグ・マンディーノ)

今、自分のしていることが、
永遠という観点から見た場合、
花か、木か、アイディアか、
それを考えてみるのは面白い。

たとえば、とりあえずの収入を
得るためにしている仕事なら、
まず「花」ということになる。
そして、同時に、何か資格を取得するために
勉強でもしているのなら、それは「木」だ。

さらに、昔からの夢だった小説家になるために、
大作でも書いているというのであれば、
それは「アイディア」になる。
(ハリー・ポッターの作者J・K・ローディングは、
 このパターンに近い。)

私たちのしていることには、
それぞれ賞味期限がある。

それをしっかり認識して、
物事をこなしていかないと、
後々、勘定違いが生じる。

だから、花も、木も、アイディアも、
バランスよく植えていかなければいけない。
なぜかと言うと、
私たちはいつしか年をとり、
花も、木も植える力がなくなる時が来る。

その時に私たちを満たしてくれるのは、
木のもたらす実が数年、
アイディアのもたらす実が永遠だから…

自分のしていることの本質、
見てみましょう。

【参考】
それがぼくには楽しかったから(リーナス・トーバルズ)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です