ジミだけど、しっかりジブンを持ち、…

ジミだけど、しっかりジブンを持ち、
ジブン探しをしながら前向きに生きる

(日経エンターテイメント、2003年1月号)

今年(2002)ヒットしたものを分析し、
共通点を結論すると、
この2つのJ(ジミ、ジブン)になるそうだ。

沖縄出身のモンゴル800というバンド、
「ワダツミの木」がヒットした元ちとせ、
「大きな古時計」の平井堅、
ジミなおじさん小田和正のCD「自己ベスト」、
90歳の現役医師の著書「生き方上手」、などなど。

「地味」って言葉には、どこかしら、
時代遅れを笑うような意味合いがあったように思うけど、
「ジミ」って言葉にして、
そのイメージが変わったらいいと思う。

ただ、地味にして
目立たないようにしているんじゃなくて、
しっかりとした自分を確立させようと、
地味に進んでいるから、
最初は気づかれないだけ…

派手に行進して、
一時の注目を浴び、
本人も疑うほどのスピードで
下落するっていうのは、
今の時代にも存在する。

それが好きなら、それでいいけど、
いかがでしょう?
来年の目標は、
「ジミに、ジブン探しをする」ってことで。

そしたら、この不景気という環境を
乗り越えられる力も、探せるかもしれない。

【参考】
生き方上手(日野原重明)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です