新しい世界は外にあるのではありません。自分の心の中にあるのです。

新しい世界は
外にあるのではありません。
自分の心の中にあるのです。
自分の内部に
隠蔽(いんぺい)されている不安や葛藤に
気がつけば世界は開けるのです。

(ドロシーおばさんの大事なことに気づく、加藤締三)

自分の周囲、社会では、
毎日新しいことが起き、
生まれます。

それにふれた時、
私たちは喜んだり、
不安になったりもします。

喜べる時は、それが力となって
新たなものに対応も出来るでしょうが、
不安になった時は、
そうもいきません。

大切な点を見落としてしまう可能性があるのです。
それは、その新しいもの自体が
どんなものかではなく、
なぜ、自分がそれに対して
そんな不安を感じているかです。

そっちの方が、自分自身にとっては、
本質であり、新しい世界との接点なのです。

うまくいかないと感じている人は、
外に対応することよりも、
自分の内部に対応することを
考える方がいい場合もあるということでしょう。

【参考】
働くことがイヤな人のための本(中島義道)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です