松明は足元を照らすもの。遠いほうをみるときは、かえって、…

松明は足元を照らすもの。
遠いほうをみるときは、
かえって、その光がじゃまします。
そんなとき、私たちは、
ワザと松明を消すのです。

(光に向かって100の花束)

たいていの人は、暗闇に居ると戸惑う。
身近に危険がないか、
足元は大丈夫か…と。

で、光があると、やっぱり安心する。

目標や褒美も、まず目の前にあるものを
目指して、手を伸ばそうとする。
しかし、それが人生の罠だったりすると、
先々に、危険が待っている。

つまり、そんな時は、
目の前にある「光」らしきものが、
本当は邪魔しているというわけだ。

自分が一人になって、
四方八方が真っ暗闇になった時、
もし、遠くにかすかな光が見えれば、
目指すところはハッキリわかる。

常に、身近の光ばかりを求めて、
自分の本質、本当の行き先を
見失ってはいけない。

時には、身近な光、松明を消してみましょう…
今まで見えなかったものが見えてくるはず。

【参考】
ツキの法則(谷岡一郎)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です