健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。

健康な人には医者はいらない。
いるのは病人である。
わたしがきたのは、義人を招くためではなく、
罪人を招いて悔い改めさせるためである。

(キリスト、新約聖書ルカ5:31-32)

この言葉は、当たり前すぎる言葉に思えますが、
私たちが時々陥るミスを
うまく表現しているように思います。

つまり、
「病気が治ったら、病院に行く」
「時間が出来たら、いい本を読む」
「もっと愛せるようになったら、話し合う」
そんな解決方法を時折、選んでいる私たちがいます。

病院に行くのは、病気を治すためであって、
いい本を読むのは、時間や自分をつくるため、
そして、話し合うのは、もっと愛せるようになるため。

その逆を期待していると、
なかなか、前には進めないはずです。

そして、誰しもが、
人生における何らかの解決策を
探し求めているのですから、
余計なものは捨てて、
それとちゃんと向き合いましょう。

講習や講演に参加してくださる方の中に、
何か新しいもの、優れたものにふれる際、
こんなことを言う人を見受けます。
「私には、とても、とても…」

社交儀礼か、遠慮か、分かりませんが、
もし、本当はそれを求めているのに、
そういう言葉ばかりを言うのであれば、
本質が見えなくなってしまいます。

それは、まるで、
自分で病院に行っておきながら、
「私には治していただく資格はありません。」
と言っているようなものです。

治りたいか、治りたくないか、
自分を変えたいか、変えたくないか、
本質は、それだけだと思うんですよ。多分…

【参考】
生き方上手(日野原重明)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です