人間というものは、ふだんから目の前にあるものよりも、

人間というものは、
ふだんから目の前にあるものよりも、
過ぎ去ったもの、なくなったものに、
あやしいまでの愛着を持つものである。

(朝鮮短篇小説選)

過去を振り返ってしまう自分を
見つけた時、いつも、思う言葉がある。

旧約聖書 伝道の書7:10
「昔が今よりもよかったのはなぜか」と言うな。
あなたがこれを問うのは
知恵から出るのではない。

本当に、昔が良かったわけでない。
ただ、既に存在していた欠陥や短所が、
見える機会がなかっただけなのだから・・・

【参考】
何もしない贅沢(ヴェロニク・ヴィエン)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です