才能を疑い出すのが、まさしく才能のあかしなんだよ

才能を疑い出すのが
まさしく才能のあかしなんだよ

(ホフマン短篇集、ホフマン)

才能の自覚がなく、
自分はダメなんだと思って、
花開かないのも残念だけど、

疑うことなく、「俺は最高なんだ。」と
思いこんで生きているのも、
やっぱり、かわいそう…
「井の中の蛙」なんだろうね。

「私には、才能がないのか…」という悲観的な疑いでなく、
「果たして、ここで終わりか…」
「これ以上伸ばすことが出来ないのか…」
という前向きな疑いをもって、
探求することが、さらなる飛躍へと続くんでしょう。

いつになっても、休むことなく、
探求を続けなければいけない人生だね。

時には、疲れるかもしれないけど、
自分の探求って、
ハマったら、かなり、やりがいがあると思う。

【参考】
集中力(谷川浩司)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です