裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から…

裸で私はこの世に来た。
裸で私はこの世から
出てゆかねばならぬのだ。

(ドン・キホーテ、セルバンテス)

確かに、そうですよね。
それを忘れていることが多い。
この本質を…

そういう視点から見れば、
自分って、何を求めているんだろう
とも思ってしまう。

こんな言葉もあった。
「わたしたちは、
 何ひとつ持たないでこの世にきた。
 また、何ひとつ持たないで
 この世を去って行く。
 ただ衣食があれば、
 それで足れりとすべきである。」
 (新約聖書 1テモテ6:6-7)

何も地味な生活をしろ、
と言っているんじゃないと思う。

自分たちの始め、
そして、終わりという本質を
ちゃんと見つめながら生きた方がいい、
ということじゃないだろうか。

虚栄心、競争心、物欲、金銭欲など、
私自身もすべて克服しているなんて
絶対言えないけど、
(いや、逆に人一倍強いかもしれない…)
その結果得たものは、
何一つ、次の世へ持っていけないんだよ。

次の世があるかどうかを
信じる信じない以前の問題であってさ。

そう、こんな考えも、確かにあるかもしれない。
「だったら、やっぱり、
 今を楽しむしかないっしょ。」って。

ま、それもいいかもしれない。

でも、一つだけ言える。
そういう考えで進んだ人が、
その先で考えた、あるいは悟ったことは、
みんなほぼ同じだった、ってことを。

結局、今日の言葉だよ。

【参考】
ツキの法則(谷岡一郎)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です