若い時は早くゴールしたいと感じているでしょう。…でも、…

若い時は早くゴールしたいと
感じているでしょう。
それも、じれったいほどに。
ぼくもかつてはそうでした。
でも、早くゴールしないほうがいいんです。

多くの人は、ゴールは手にするけれども、
スタートは捨ててしまう。
ゴールを目指していた時とは
別人になってしまうのです。

(調理場という戦場、斉須政雄)

ゴールに届くのに、
時間が必要であればあるほど、
やっぱり、ゴールの本当の意味が
分かってくるでしょうね。

そして、ゴールを手にした時にも、
その本当の価値と、
逆に価値のない点も分かるでしょう。

想い出す言葉があります。
「地球は丸い。
 終着点に見える場所が、
 出発点でしかないかもしれない。」
 (アイヴィー・B・プリースト)

私も、まだまだゴールは
手にしていないと思います。

合格とか、就職とか、結婚とか、
会社設立とか、ゴールに思えるものを、
いくつも手に入れたつもりだったけど、
やっぱり、終わりじゃあなかったです。

最後のゴールなんて、
全然見えていないし、
その時々のゴールだって、
まだ数え切れないくらいありそうに思えます…

ゴールとスタート、
どちらも捨てない人間になりたいですね。

【参考】
集中力(谷川浩司)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です