一見してごうまんに見える人も、一皮むけば、…

一見してごうまんに見える人も、
一皮むけば、きわめて自信のない
不安定な感情状態にいる。…

だからこそ
他人に認められたい、
ほめられたいと思うのである。

(ナルシズム、中西信男)

ないから、それがあるように見せる。

この「見せる」が一番のくせもの。

本当にあるのなら、
「見せる」必要はない。

おカネでも、才能でも、自信でも…

あらゆるものを見せないで、
済ませることなんて出来ないし、
見せることで成り立つ商売と
いうのもあるから、
もちろん、見せるべき時もある。

しかし、「見せる」ことを
考え出したとたんに、
かえって人間としての魅力が
薄くなる場合もありえる。

ただ「見せる」ことだけが
目的となった時がそれ。

あなた自身に、または、
あなたの周囲の人にも、
そんな「見せる」を感じた時には、

コンプレックスなんだろうなぁ、
と理解してみましょう。
何か分かることがあるかも…

【参考】
運と気まぐれに支配される人たち(ラ・ロシュフコー)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です