にんげん生きているうちは、知らねえまに…

にんげん生きているうちは、
知らねえまに
世間へ借りや貸しができるもんだ

(さぶ、山本周五郎)

自分を与えて、何かを受けとる。
その繰り返しで、人生はすすむ。

仕事でも、恋愛でも、
家族でも、いろんな関係も…

しかし、どこかで
勘定があわない気がしてくる。

ほとんどの場合、
「損しているんじゃねぇか」という気持ち。

「あれ、ちょっと得した」とか、
「儲かった、ラッキー」っていう瞬間は、
あっという間に忘れてしまう。

「そっか、今の損は、あの時の埋め合わせだ」
なんて思えることは、めったにない。

でも、知らない間に、
そんな借りや貸しは、多く出来ている。

みんながみんな、
貸しだけはよく覚えていて、
借りをきれいさっぱり忘れてしまうから、
世の中、うまくいかない。

ただ、そのことをあんまり気にせず、
そんなもんだ、自分も含めて、と思えたら、
人生と世間の貸し借りも、
楽しめるような気がする。

自分自身も、そんなリラックスした心、
身につけたいもんです。

【参考】
三国志(北方謙三)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です