はなれているときはもっとやさしくし、いたわって…

はなれているときは
もっとやさしくし、
いたわってやろうと思うのに、

面と向きあえば
すぐにじれったくなって、
つい荒っぽい口をきいてしまう。

(さぶ、山本周五郎)

多分、誰もが、自分の親しい人、
身内には、そんな態度に
なってしまう。

私も例外にもれない。

ちょっと邪険に扱った後、
時々思う。もし、このまま、
何かの事故とかで会うチャンスが
ずっとなくなるとしたら…って。

いつでも会えるから、
あるいは、いつも会っているから、
その考え方なり、話し方、行動なりが、
ちょっとじれったくなる。

そう考えると、
ちょっと距離でも置けばいいのかな、
なんて思ったりするけど、
それも出来なかったりする。

ますます、じれったい気持ちは募る。

使い古された言葉だけど、
やっぱり、一期一会の精神なんだろうね。

【参考】
何もしない贅沢(ヴェロニク・ヴィエン)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です