光を手に入れるためには、闇をくぐらなければ…

光を手に入れるためには、
闇をくぐらなければ
ならないこともあるのよ。

(映画「マイノリティ・リポート」)

闇をくぐるとは、
手を汚すとは違う…

一寸先は闇、
一寸先は光。

そういうことだと思う。
目指すところへ到達するまでには、
「ホントに、この方向でいいのかよ。」
「こんなことをやっていて大丈夫?」
「ちょっとの光さえ、見えないよ」
と思える暗中模索の時期がある。

そういう時期を乗り越えなければ
いけないということは、
効率的とか、生産性とかを
考えちゃいけない瞬間。

まず、光を見つけ、
そこへ行かなくちゃいけない。
それが見つけられて初めて、
その後の効率性、便利さとかを
求めてもいい。

真っ暗闇、
そういう時期を飛び越えて、
結論だけを急ぎたい気持ち自体が、
その闇を抜ける時期を遅らせる…

そう思う。

【参考】
人生の選択(オグ・マンディーノ)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です