ある仕事に3度失敗し、それでもまだあきらめないなら、…

ある仕事に3度失敗し、
それでもまだあきらめないなら、
あなたはその道で
指導者になれる可能性があると
思ってよいでしょう。

10回以上失敗して、
なお努力が続けられたら、
あなたの心には
天才が芽生え始めています。

(思想は現実化する、ナポレオン・ヒル)

逆の発想ですね。

3回も、10回も失敗したら、
ふつう、才能がないとあきらめる。

でも、失敗の数は、問題でない。

失敗しても、心に
残っている決心があるか、

自分の決心以外、
何の保障もないけど、
その勇気を続けられるか、
それだけが問題だと思う。

何ごとも、1回、2回の
「うまくいかない」は、
まだ失敗のうちに入らないよ。

うまくいっているように見える人に
聞いてみたらいい。
何度失敗したか…?

多分、勇気づけられるはず。
へぇ?、そんなにしてるんだ。

そ、だから、失敗の数より、
失敗の後の気持ちがポイント。

【参考】
「情」の管理・「知」の管理(童門冬二)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です