物事というのは、やるべきか、やめるべきかのどちらかなのだ。…

物事というのは、やるべきか、
やめるべきかのどちらかなのだ。

もちろん締め切りは考えに
入れなければならないが、

やるに値することは(すぐ)やる、
そうでなければ、やらないことだ。

(なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣、
ケリー・グリーソン)

こんなシンプルな選択だけで
生きていける人は珍しいだろう。

ま、なかには、
損得勘定ばかりを考えた
シンプルな選択をしている人も
いるかもしれない。

それが幸せか否かは、
その後の人生が
証明してくれるだろう…

ただ、シンプルな選択が
出来ない自分に気づいた時は、
考えるべきことがあると思う。

自分は、何に束縛されているか、
何に依存しているか、あるいは
何を恐れているか…

人がシンプルな選択をするためには、
束縛、依存、恐れから解放される
必要があると思うから。

さて、少しずつ、
それらから解放されて、
シンプルな選択ができる自分に
なっていきましょう。今日から…

【参考】
生き方上手(日野原重明)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です