劣等感のゆえに、二の足を踏んでいる人がいると思えば、…

劣等感のゆえに
二の足を踏んでいる人がいると思えば、

なりふりかまわず失敗を何度も重ねて、
どんどん成長していく人もいる。

(英語)
While one person hesitates because he feels inferior,
the other is busy making mistakes and becoming superior.

(ヘンリー・C・リンク)

うまくいかないこと、失敗は、
人を萎縮(いしゅく)させてしまう。

それは、自分の能力どうのこうのよりも、
人にどう思われてしまうかの方が気になって…、
というケースが多い。

遠慮している姿に見えていて、
本当のところ、プライドが
高いんでしょうな。

プライド(または高慢)と遠慮(または謙遜)を
勘違いしている人がいる。

出しゃばるのが高慢で、
出しゃばらないのが謙遜なのではない。

だって、
出しゃばらないように見えて、
プライドの高い人間もいるから。

見た目じゃあ、分からない。
ちょっと長い目で見て、
自分を成長させようとしている人間かそうでないかで
判断した方がいい。

そして、出来れば、
遠慮深そうに見えて
失敗を避ける人間よりも、

試行錯誤に明け暮れて
いる人間の近くにいた方が
面白い瞬間を増やせると思う。

仕事も、恋も、人生も同じよ…

【参考】
奇跡の人(真保裕一)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です