物事が良くない方へ向かいそうな時、一緒に連れて行かれないように。

物事が良くない方へ向かいそうな時、
一緒に連れて行かれないように。

(英語)
When things go wrong-
don’t go wrong with them.

(作者不詳)

人は、
いろんなところに
連れて行かれる。

自分の心次第で…

物事が悪い方へ
向きそうになったとしても、
自分の心まで、そちらに
連れて行かれなくてもいい。

私たちの身のまわりで起きる事柄と、
私たちの心の中に何を感じるかは、
別のものに出来る。

それを忘れないでいたい。

一緒に染まる必要も、
流される必要も、沈む必要もない。

自分は自分。

そんな自分でいるためには、
どうしたらいいの…?

物事には、
いろんな側面があることを
忘れないようにしたい。

今、自分の目の前に見えていると思うものは、
氷山の一角。良いことも、悪いことも…そう。

見えていない部分に、
いろんな可能性もあれば、
危険も含まれている。

だから、一つの物事の流れだけに、
心を奪われないように。

たとえ、世の中に、
不景気、最悪、絶望という空気しかないとしても、
それに流され、飲み込まれることがないように。

きっと、まだ、知られていないことがあるから。

【参考】
三国志(北方謙三)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です