いつかできることはすべて、今日もできる。

いつかできることはすべて、
今日もできる。

(モンテーニュ)

自分を追い込むんじゃなくて、
もっと気楽に、この言葉を理解したい。

ちょっと始めて見る、
ちょっと手をかけてみる、
ちょっと足を踏み入れてみる。

ほぼ完璧に環境が整うのを待つんじゃなくて、
とりあえず、やってみる。

最近、こんな言葉にも出会った。

「いまあるものに嘆いたり、
 いまあるろくでもないことを
 分析したりするのに、
 おおぜいの力はいらないと思うんだ。
 『はじめるバカ』から、すべてははじまる。」
 (ほぼ日、糸井重里)

やりたいことなら、
とりあえず始める。

そんな気楽さで、始めてもいいと思う。

スタートにも、ゴールにも完璧を求めていたら、
何も始められない。

ゴールに、完璧を求めるのはいいとしても、
スタートは、完璧でなくてもいいと思う。
とにかく、今日から始めてみること。

それが、完璧なゴールへの近道。

ま、本当に「その時を待つ」
必要があるなら、別だけど…

自分は、何を始めよっかなぁ。
やっぱり、運動不足の解消かな…

【参考】
起死回生(トム・ピーターズ)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です