物にはすべて終わりがある。

物にはすべて終わりがある。

(ジーギル博士とハイド氏、スティーブンソン)

物にはすべて新しい始まりがある。
こうも理解したい。

「地球は丸い。
 終着点に見える場所が、
 出発点でしかないかもしれない。」
 (アイヴィー・B・プリースト)

この言葉の意味どおりだと思う。

本当に「永遠の終わり」があるのではなく、
ずっと続く、多分、永遠に続く、
時の流れ、あるいは自分の人生のなかで、
今の楽しみでも、苦しみでも、
いつか、必ず終わりが来るのだ。

そして、それが、
また、次の新しい始まりにもなる。

映画や小説では、ハッピーエンドならば、
「それから、ずっと幸せに
 暮らしましたとさ。」
と終わったように見せるけど、
人間の人生には、いつも続きがある。

終わって始まって、
また、終わって始まる。

だから、自分の感情だけで、
ずっと続くんだ、と怖がる必要もなければ、
安心する根拠も何もない。

嬉しいことも、悲しいことも、
いいことも、悪いことも、

「ひとえに風の前の塵に同じ。」
 (平家物語)

ということだと思うんです。

だから、移り変わる人生。
いろんなことに執着しすぎず、
終わりを待つときもあれば、
また、新しい始まりを
待つときもあるのです。

いずれしにろ、あきらめずに…

【参考】
働くことがイヤな人のための本(中島義道)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です