違いを生み出すのは、大看板や小細工ではない。…

違いを生み出すのは、
大看板や小細工ではない。

ありきたりの世の中への
あくなき探求から生まれる。

(英語)
Advantage comes not from
the spectacular or the technical.

Advantage comes from
a persistent seeking of
the mundane edge.

(トム・ピーターズ)

違いを生み出す、優位性、差別化。
それを求めて、どの企業も、個人も、
頑張っている。

大きな看板も、小手先だけの細工も、
通用しなくなったから、
みんながみんな、頭に汗をかいて、
いろいろ考えている。

世の中のありきたりとは、
「いつの世も変わる」ということ。

変わるから、そのためにまた考える。
本当に、あくなき探求だ。

正直、なんか容易でない、
と思っている人も少なくないだろう。
しかし、考えようによっては、
人生そのものが、太古の時代から、
そんなものだったはず。

人間を脅かすものが、
マンモスか、同じ人間か、
病気か、自然か、時代の流れか、
そういう点が変わっただけ。

そこを受け入れられるようになると、
ちょっと気楽になれる。不思議な気分…

今の状態を守ることだけ考えているうちは、
見えなかったけど、現実を受け入れると、
見えてくるものがあったりする。

違いを生み出す、それは
ありのままを見つめ続けること。

【参考】
はじめの一歩を踏み出そう(マイケル・E・ガーバー)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です