過去は想いだすべきもので、抱くべきものではなかった。

過去は想いだすべきもので、
抱くべきものではなかった。

(燃えよ剣、司馬遼太郎)

今から逃げたい思い、
過去に対する憧れ、
あるいは癒されたい期待が、
過去を抱きたい気持ちに…

でも、過去を抱いた時の感触は、
人それぞれ違う…そう思う。

抱き返された心地よい感触に、
もう離れられなくなってしまう人。

いやこんなはずじゃなかったと、
過去に幻滅し、後悔してしまう人。

今の苦しみに、過去の苦しみを
増し加え、かえって苦しむ人。

過去は想い出すだけにした方がいい。
長い目で見れば、過去とは
そういう付き合い方しか出来ない。

私たちは、過去を生きることは出来ない。
私たちは、今を生き、未来をつくるだけ。

時に、夢を抱くこともある。
これはどうだろうか…

やはり、抱き方を間違うと、
身を焦がしそう。

ただ、Shu的に言うと、未来の自分に、
「どうやって、そこまで到達したのですか?」
と聞いてみたい気はする。

そうすると、ゆったりとしたShuは答える。
「ん?、心配はいらない。
 その答えを得るまでまだ時間はある。
 焦ることはないさ。」

確か、映画「キッド」にも、
そんなセリフがあったな…

こんなことを思うのも、
抱いていることなのかな。

【参考】
エイジ(重松清)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です