深刻になることは必ずしも、…

深刻になることは必ずしも、
真実に近づくこと…ではない。

(ノルウェイの森、村上春樹)

必死になれば、
マジメに考えれば、
自分を追い詰めれば…

そのようにしたからと言って、
必ずしも、
いい結果が出るとは限らない。

かえって、迷路に入りこむこともある。

自分のこと、他人のこと、
世の中のこと、あらゆることは、

理屈や理由ばかり深刻に考えても、
答えの出てこないこともある。

ひらめき、直感が
大切だったりすることも…

だから、心に余裕さえ持てれば、
道が開けることも多い。

私たち自身を考えてみても、
きっと、その方が楽。
深刻になって、
心もカラダも疲れるよりは、
ちょっとリラックスして、
ひらめきを待つほうがいい。

真実は、どこにあるか分からない。
いつ見つけられるかも分からない。

大切なのは、それに気づく、
こちら側の余裕だけ。

真実に近づこう。
深刻にならずに…

【参考】
ノルウェイの森・上(村上春樹),ノルウェイの森・下


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です