笑う世間の方がおかしい。

笑う世間の方がおかしい。

(新・平家物語16、吉川英治)

どんなことで笑われるのが嫌いか。
悲しいことに、それが人生の基準…

笑われないような行動を
その先々で選んでいく。

世間が何を笑うか、
なんて、気まぐれに過ぎない。

だから、
これが気になる、
あれも気になる、
それも気になる…
という人には、
生きた心地もしないだろう。

そして、笑われた時、
あるいは、バカにされた時には、
この上なく傷ついている。

けれど、考えてみれば、
笑われたことで傷ついたというより、

本当のところ、
笑われないことをそれだけ
重要視している自分が、
自分を傷つけているかもしれない。

「笑う世間の方がおかしい。」
一歩まちがうと、この考え方も、
笑われるみたいなもんだが、

雑音と、そうでないものの違いを
はっきりと分かって、
雑音は気にせずに、
前に進んでいきましょう。

【参考】
青い空を、白い雲がかけてった(あすなひろし)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です