過去を気にしているのは、過去がきみに…

過去を気にしているのは、
過去がきみに
影響しているんじゃなくて、

きみのほうから理由があって、
それを握りしめている
としか言いようがない。

(伊藤守)

手は2本しかない。
左手で、雨風をしのぐ傘を
もっているとすれば、
空いている手は、一つだけ。

その手で、何を握るか。
過去をぎっちり握れば、
大切な人の手は握れない。

大切な人の手を握れば、
過去なんて握ってられない。

「今さら、忘れられない」
くらいに、いい思い出ならいい。

でも、そうでないなら、
ポケットにでもしまった方が…

心に焼きつくって、
本当にあると思うから、
意識して、過去を離していかないと、
忘れたいものでさえ、
なかなか忘れられないと思う。

硬直した手の指を、
1つずつ1つずつ開いて、
過去が逃げていくように、
ちゃんと忘れられるように。

決して、握りなおすことなど、
ありませんように。

【参考】
コミュニケーションはキャッチボール(伊藤守)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です