愛することは、信じることの必要条件。

愛することは、
信じることの必要条件。

(英語)
Loving is half of believing.

(ヴィクトル・ユゴー)

直訳すれば、
信じることの半分は愛、
という感じになると思います。

図で表せば、
こんな感じかなぁ…
■■■■■□□□□□

この10個の■と□全部が、
信じることで、
そのうちの半分5個は、
■(愛)であることが必要。

そうでなければ、
信じることは成り立たない。

「ああ、信じているよ。」
という言葉をかけてみても、
そこに愛情がなければ、
本当に信じていることにはならない。

なるほど、
なかなか厳しい条件だとは
思いますが、正しい気がします。

残りの半分には、何が必要か?
という点にも興味は残りますが、
やはり、とりあえず、
最初の半分にあたる「愛」に
心を注がなければ、
何も始まりそうにもない。
それが事実のような気がします。

こう考えると、
仕事の信用というものにも、
相手に対する愛情がないと、
ダメだっていうことですね。

まず、半分から始めましょう。

【参考】
春の雪(三島由紀夫)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です