あなたの言葉が、…

あなたの言葉が、
あなたの中身を創る。

(英語)
Your words create what you speak about.

(サナヤ・ローマン)

直訳すると、
「あなたの語ることを創る」
になると思います。

「国家の品格」著者藤原正彦氏の
講演会にて、こんな話がありました。

ホームステイをした、
アメリカ留学のある女性が、
英語が上達しないということで、
大学の寮に移ったとのこと。
2、3年後、英語が上達し、
そのホームステイ先のおばさんと
再会した時に、こう言われました。

「あなた、ずいぶん英語が
 うまくなったわねぇ。
 でも、話す内容は、
 相変わらずつまらないわねぇ。」

彼女にとっては、
痛烈な一言だったことでしょう。
英語が話せても、国際人じゃないのです。

自分の中身が増えないと、
そこから出てくる言葉は、
空しいものばかり…

自分が口にした言葉に、
がっかりとすることは、
少なくありません。

果たせなかったり、
無理していたり、
見栄を張っていたり、
本質からズレていたり、
そんなことはいつものこと。

そして、その言葉は、
その時だけの失敗ではなく、
そもそもの中身、自分に、
足りないものがあることの証拠。

足りないことだらけですね。

(参考)オシムの言葉(木村元彦)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です