言っとくが、未来は…

言っとくが、
未来は自分だけのものだ。
望めば、自分自身で
どうにでも変えられる。

(映画「マイノリティ・リポート」)

トム・クルーズ主演の映画です。
以前にも見たのですが、
先日テレビで放映されたのを
改めて見ました。

ストーリーが展開されるのは、
すべての殺人が予知される時代。
それによって、犯人は、
未実行の犯罪によって逮捕される。
おかげで、殺人は90%減。

住み心地のいい社会を
イメージさせられるが、
そのシステムの問題点も
見えてきます。

放っておけば必ず
予知どおりに実行されたのか。
思い直す、悔い改める可能性は
まったくなかったのか。

犯人と予知された人間が、
犯罪を思いとどまった時に、
「自分で変えられる未来」
に初めて気づく。

たしかに、良い予知なら、
それを果たしたいと思う。

けれど、悪い予知には
縛られたくない。
その通りにならない可能性が
1%でも残っているなら、
きっと頑張るだろう。

未来を変える権利を
奪われたくはない。

そして、
奪われないためには、
義務もあることを
忘れちゃいけないな。

(参考)10年後の日本(『日本の論点』編集部)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です