がんばれがんばれって言われるのもきついけど…

がんばれがんばれって
言われるのもきついけど

もういいよって言われるの
もっとつらいね

(BASARA、田村由美)

什御さんからの投稿です。

「もういいよ」
っていう言葉は、

頑張りを認めて
「お疲れさま」っていう
労いの言葉とは違う。

「あんた、もういいよ」
みたいなあきらめ。

プレッシャーか、
捨てられるか。
どちらがいいかと言われても、
どちらも選びたくない
かもしれない。

2006トリノオリンピックで、
金メダルを獲った荒川選手は、
2年前の世界選手権で、
金メダルを獲った時に、
親からでもいいから、
「お疲れさま」
と言って欲しかった心境を
もらしていたらしい。

けれど、「次はトリノ」という
周囲からの期待は止まなかった。

自分の気持ちが、
周囲からの期待などと
波長が合わない時に、
人は苦しむ。

期待の有無で
自分の頑張りが
変わってくる人は、
特にそうだろう…

自分自身で自分を励まし、
進ませる理由や目的が見つかるまで
人からのプレッシャーや期待に、
揺らされてしまうこともある。

生きている限り、
プレッシャーもあれば、
捨てられることもある。

どちらも経験して、
私たちは成長していく。

忘れないようにしたい。

(参考)BASARA(田村由美)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です