…いたずらに壁の厚さを測ることがないだろうか。…

現実という壁の前に立ったとき、
いたずらに壁の厚さを
測ることがないだろうか。

とにかく壁に体当たりしてみることだ。
銅鉄と思っていた壁が、
実はボール紙であるかもしれない。
たとえ銅鉄であっても、
ダイナマイトで爆破すればよい。
それが創造的姿勢というものだ。

(ダイエー創業者・中内功)

vinさんからの投稿です。

壁の厚さねぇ。

身の程知らずで、
分厚い壁に体当たりして、
大ケガする可能性もあるけれど、

実際に大ケガする人は、
そんな心配をしていないから、
ケガをしてしまう。

逆に、
そんな心配ばかりしている人は、
何もせずに心配しているうちに
時間ばかりが流れているから、
ケガをしないで済んでいる。

壁の厚さを正確に分かる位置に、
自分が立つことが出来るのなら、
話は別だが、
それが誰にも分からないのなら、
誰かが体当たりするまで待つか、
自分が体当たりしてみるしかない。

ちなみに、
誰かが体当たりして、
そこを突き破った時には、
もう出遅れてしまうだろう。

私の前には、
今日も壁があります。
大きい壁なものだから、
いろんな人が
体当たりした跡はあっても、
未知の部分もありそうです。

がんばってみたいと思います。
あなたも、どうぞ。

(参考)バカはなおせる 脳を鍛える習慣、悪くする習慣(久保田競)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です