…レッテルをはるたびに、…

あなたが誰かに
「いやなやつ」という
レッテルをはるたびに、
事態はいっそう悪くなります。

(エリザベス・キューブラー・ロス)

SPKさんからの投稿です。

レッテルを貼りがちな私には、
耳が痛い言葉です。

レッテルを貼れば、
たしかに楽なんですよね。
自分の立場を守れるから…

でも、もし、
仕事上の関係とかで、
その人間がどうしても
付き合っていく必要のある相手だと
すれば、何とかしなくちゃいけません。

下手すると、
自分ではたいした相手じゃないと
思っていても、何かのつながりで、
自分の将来を左右する可能性の
人間だったりもします。

何度も何度も付き合った上で、
あきらめる人間関係ならまだしも、
いくらもチャンスを与えないうちに
断ち切るのは、簡単なようで難しい。

自分が簡単に断ち切られたら
嫌なように、相手もそうでしょう。
ただ、私は競争心が強いから、
「このぉ?」とかえって燃えますが…

チャンスの与え方には、
やはり工夫が必要です。

信頼を失いかけている時には、
だいたいにおいて、
大きなチャンスを与えたり、
もらったりすることはないでしょう。

チャンスが小さいからと言って、
やる気が出ないのなら、
捨てられても、捨てても
OKだと思うのです。

でも、チャンスの大きさにかかわらず、
がんばる気持ちが本当にあるのなら、
レッテルは取り下げられるはず。

レッテルは、
続きや変化がないことへの
あきらめ宣言みたいなもの。
なおかつ、一方的…

せっかくだから、
最後の最後まで
とっておきましょう。

(参考)ブスの瞳に恋してる(鈴木おさむ)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です