ぬるま湯というものは入っていて…

ぬるま湯というものは
入っていて気持ちのいいものではない。
しかし出るとなお寒いから
なかなか出られないものである。

(下村湖人)

Kさんからの投稿です。

いろんな話題をつくっていた
長野県知事の田中康夫さんが、
先日の選挙で負けました。

彼が反発される理由も
分かる気がしますが、
その様相には、
なんか「ぬるま湯」に
戻りそうな空気も感じます。

競争や刺激で
変化が創り出されると、
それまで、ぬるま湯に
浸っていられた人々の間には、
不満がつのります。だから、
猛烈な邪魔を入れ始める…

すると、変化のスピードが
遅々としてきて、今度は、
変化を期待していた人々の中にも、
待てない人が出てくる。

やっぱり、
ぬるま湯が懐かしい気分にも
なったりする。

ぬるま湯には、
必ず仲間がいる。
だから、楽しいけれど、
抜け出せない空気にも
なっていたりする。

やっぱり、ぬるま湯って怖いなぁ。
それに慣れちゃうのは、もっと怖い。

夫婦関係も、ぬるま湯にならないよう
注意しなくちゃいけないな。

(参考)油断!(堺屋太一)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です