世の中には、二種類の人間がいるんです。…

世の中には、
二種類の人間がいるんです。
出来ない理由を探す人と
出来る方法を探す人。

(石田純一)

複数の方から、
この言葉の投稿がありました。
私は見ていませんが、TV番組
「ビューティ・コロシアム」で
口にされた言葉のようですね。

似たような言葉が、
たくさん思い浮かびます。

彼の人となりには、これまで
さまざまな疑惑(?)がありますけど、
それはさておき、
この言葉だけを考えれば、
もっともだと思います。

たとえば、
何かのビジネスを始める時に、
どういう視点で考えるかには
いろいろな選択肢があるでしょう。

自分が好きでやりたいからやる、
自分の経験分野だからやる、
安い資金ですむからやる、
ニーズがあるからやる、
将来性があるからやる、など。

もちろん、
すべての条件をクリア出来れば
問題はないでしょうけれど、
なかなか、そうはいきません。

やりたいけれど、
資金が足りないからやらない、
という選択をする人もいますけれど、
じゃあ、本当にやりたいことだったのか、
という疑問が残ります。

本当にやりたいことだったなら、
その資金が溜まるまで、
どんな苦労でも
がんばれるはずじゃないか、
なんて思ったりするのです。

先日、仕事の依頼で、
それに似た電話がありました。
電話をしている本人が、
何をしたいか分かっていないのに、
だいたいの見積を聞かれても、
こちらも答えようがないのが事実。

見積だけ集めて、仕事を占って、
どうするんでしょうって感じ。
じゃあ、あなたの本当の気持ちは、
どこにあるのか。もしかしたら、
あきらめるための見積にするの?
尋ねたい気持ちにはフタをして、
無難な応対をした次第です。

正直、出来ない理由を探すために
付き合わされる方は、
あまり楽しくないものです。
出来る方法を探すために
付き合わされる苦労は嬉しいですが…

(参考)トヨタの口ぐせ(OJTソリューションズ)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です