いいか、過去や評判が走るんじゃない。…

いいか、
過去や評判が走るんじゃない。

いまのきみ自身が走るんだ。
惑わされるな。振り向くな。
もっと強くなれ。

(風が強く吹いている、三浦しをん)

やよいさんからの投稿です。

箱根駅伝を走る、
ストレートな青春小説からの
いい言葉。

何かで勝てば、
その世界では
名前と評判が走ります。
勝ちが続くと、
過去が積み重なり、
伝統となります。

しかし、時には、
それが重くのしかかりすぎて、
自分の走りが
出来なくなる人も出てきます。

そういうものがない人でも、
「もし、勝つことが出来たら…」
なんてことを想像してばかりいると、
余計なことに惑わされることも。

仮に、
想像すべきことがあるとすれば、
精一杯、走っている自分の姿。

その後の賞賛とか、
評判とかを想像し始めたら、
後ろから追いつかれていないか、
振り向いたりしてしまうかもしれない。

そして、振り向きざまに、
つまずいたりしてね…

小石につまずかないように、
自分の走りに集中しましょう。

(参考)風が強く吹いている(三浦しをん)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です