自分がどういう人間であるかと、…

自分がどういう人間であるかと、
自分がどう見られているかは、
必ずしも一致しない。

(読めばたちまちハッピーになるいいコトバ、皆川修一)

口から出た言葉も、
文字にした言葉も、
自分のすべてを
表してくれるとは限らない。

自分の表情も、
自分の行動も、
心の思いを隅から隅まで
代弁してくれるものでもない。

でも、他人が
自分を理解するためには、
そういうところを見て、
「こういう人間なんだなぁ」
って予想したり、思い込んだり、
勘違いするしかないのだ。

以前、心理テストで紹介しましたが、
「ジョハリの窓」って、ご存じですか?

□□
□□

自分自身の「内面」に
4つの窓が存在するという話です。

○:見えること、×:見えないこと、
とすると、その4つの窓はこうなります。

1:自分が○、他人も○
2:自分が○、他人は×
3:自分が×、他人は○
4:自分が×、他人も×

自分という人間が、「1」の
自分にも他人にも見える部分だけで
つくられていれば何も問題はない
のですが、そんなことはないわけで。

自分に見えないところ、
他人に見えないところもある。

そして、それを気にしすぎて、
「こう見られているんだろうな」
という自分の思い込みに囚われたら、
自分で自分を苦しめることになります。

他人の見方に
苦しめられているんじゃない。
自分の見方に苦しめられる。

そういう見方もあるか…

というくらいの受け止め方で、
自分を通り過ぎさせることも、
時には、大切だと思うのです。

今日の言葉は、昨日発売の本からです。

いい言葉72個をピックアップ、
コメントも読みやすくなるよう
書き直したりしています。

バレンタイン、卒業(送別)、入学(入社)など
励まし、感謝、お礼のプレゼントに、
ピッタリな作りになっています。

(参考)読めばたちまちハッピーになるいいコトバ(皆川修一)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です