転んでもいいように人間はできている。…

転んでもいいように
人間はできている。

だから君も立ち上がれる。
何度でも。

(どんぐり倶楽部サイト、糸山泰造)

私の顔には、
ちょっとしたキズが残っています。

2年ほど前、
朝のランニング中に
ちょっとした段差でつまずき、
顔面から路面にぶつかった時のもの。

うまく転べませんでした。
春の早朝の寒さのせいか、
手が前に出るのが遅くなり、
痛々しいキズができたわけです。

それでも、キズは治ります。

もし、転ぶときに、
うまく手をつければ、
キズは軽くすんだことでしょう。

転び方にうまい下手はあっても、
人間は起き上がれます。

キズの治りが遅くても、
キズ跡が残っても、
立ち上がることができれば、
また歩くこともできます。

転ばないための心や体じゃない。

キズつくことも覚悟の、
転んでも起き上がるための
心や体なんです。

(参考)チャンスがやってくる15の習慣(レス・ギブソン)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です