支えのいらない人なんていないですよね。

支えのいらない人
なんていないですよね。

(リアル、井上雄彦)

何の支えもないのに
強く見える人は、
支えがないんじゃなくて、
支えが見えないだけだと思う。

きっと、
その支えに対する信頼が
ものすごく強いのだろう。

自分は何(誰)の支えもないから、
うまくいかない、なんて
嘆いている人に限って、
心底、支えを信頼できて
いなかったりする。

人でも、考え方でも、
自分を支えてくれるものに、
自分をさらけ出して、
向き合うことが出来ないなら、
支えてもらえるわけがない。

支えをあまり
必要としていない時には、
心に余裕があるものだから、
思いがけず助けられたりすると、
素直に礼が言えたりする。

けれど、
支えが本当に必要となった時には、
心にも余裕がなくなり、
助けられたりすると、
「そんなことしてもらわなくてもいい」
なんて怒りだす人も出てくる。

人とは、
あまのじゃくなものである。

支えが必要な自分を認めるのが、
支えがなくても
生きていけるスタートかもしれない。

(参考)リアル(井上雄彦)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です