例えば、君が80年生きるとして、…

例えば、君が80年生きるとして、
人生を1日にたとえると、
20歳の君はまだ、朝の6時なんだよ。

これから始まる1日に胸を弾ませる、
そんな時間なんだよ。
過去に手に入れた輝く物全て失っても、
君には、まだ、未来が残ってる。

(真夜中にKiss、持田あき)

梨沙さんからの投稿です。
「先月20歳になったばかりの私。
 1年先にある就職活動や
 将来の夢のことを考えると、
 すごく不安でいっぱいになって
 しまうときがある。
 決断するのが怖いけど、
 もしも何かを失っても
 また新しい未来があるんだと思えた。」

今日のこの言葉、私は、
80歳になった自分から
言ってもらいたいな。

余裕をかまして、私を見て、

だいぶ苦しんでいるようだな、
うーん、でも大丈夫だ。
まだまだ、時間はある。
今日のこと、昨日のことだけで、
思いつめちゃいけない。
まだ半分以上残っているんだから…

みたいな感じ。
想像しただけで、なんか、
胸にジーンと来ました。
単純な私です。

私たちは、辛いときほど、
過去というフィルタで
未来を見てしまうけれど、

本当は、過去の方を、
未来というフィルタで
見なきゃいけないんだよな。

そうしないと、
分かるものも分からない。

本当に眠りにつくまで、
今日という1日を
見限ってはいけない。

(参考)真夜中にKiss(持田あき)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です