恋人だろうが、友だちだろうが、…

恋人だろうが、友だちだろうが、
「この人の信頼だけは失いたくない」
と思える人がもっとも大切な人なのだ。

(恋愛の格差、村上龍)

かぢさんからの投稿です。

今日はクリスマス・イブ。
大切な人と過ごす予定に向けて、
しっかりと準備は進んでいますか?

もしも、
今日の約束を守れなかったら、
信頼を失うという可能性の高い人が
いるかもしれません。

もちろん、
もともとの絆が強くて、
そんなことじゃ信頼は失わない、
という人もいることでしょう。

どんなことまでしたら、
大切な人からの信頼を
失ってしまうのか、
それは相手にもよります。

心の広い人を選んだのか、
心の狭い人を選んだのか。

もし、自分が、
人を信頼することのできない人を
大切な人として選んでいたら、
その人の信頼を得ようと努力することは、
底なし沼に足を突っ込むようなもので、
自分も相手も満たされない日々が
長く続くことになるでしょう。

ちょっとしたことで
機嫌が悪くなり、
ちょっとしたことに
振り回される。
いつもいつも、ご機嫌取りに
気を揉まなくちゃいけない。

大切だと思っていた気持ちも、
好きだった想いも、
だんだんと薄れていく…

自分は誰を好きか、
ということよりも、
誰の信頼を失ってはいけないか、
が分かる人間でありたいものです。

(参考)恋愛の格差(村上龍)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です