アイデアは1000のうち、…

アイデアは1000のうち、
1つか2つしか育たない。

(マネジメント・フロンティア、P・F.ドラッカー)

もし、最初から
ルールの説明があって、
この人生で思い浮かんだアイデアは
1つか2つしか育たないんです、
なんてことを言われていたら、

きっと、2つのタイプに
分かれるだろうと思う。

「なんだ、そんなことなら
 何もしたくない。」

「そういうことか。それなら、
 その育つという1つか2つを
 見つけるまで、がんばるべ。」

事前に説明があった方が助かる、
と言いながら、前者は、
説明があっても説明がなくても、
きっと、長続きしないだろうなぁ。

後者は、説明があってもなくても、
おそらく、成功するまで
試行錯誤しながら頑張るだろうし…

アイデアも、悟りというものも、
言葉として見つけたとしても、
あんまり意味がない。

それを育てたり、
それによって自分が変わる努力を
しない限りに、実にならない。

1000のうちの1つを
「十分にある」と感じるか、
「少なすぎる」と感じるか。

そういう見方から、
差が出るだろうなぁ…

(参考)マネジメント・フロンティア―明日の行動指針 (P・F. ドラッカー)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です